真実を告げる書 - クロード・ボリロン・ラエル

クロード ボリロン 真実を告げる書

Add: coheda87 - Date: 2020-12-08 08:03:13 - Views: 264 - Clicks: 650

スポンサーリンク イエス・キリストそのものが神と誤解されがちですが、キリスト教ではキリストの産みの父親である神「エロヒム」を指します。 このエロヒムという言葉は、GOD(神)と訳されていますが、元々の原語は、ヘブライ語で「天空から飛来した人々」を意味します。. ラエルの主張する「エロヒム説」と、シッチンが主張する「アヌンナキ説」には、違いはあるものの、古代宇宙飛行士説を納得させるだけの内容は含まれていると考えます。 そして、世界中の神話や伝統的宗教の中には、様々な形で、古代宇宙飛行士説を裏付けるようなものが残されていますので、順次ご紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク 1. 書名真実を告げる書 〈異星人からのメッセージ〉著者名クロード・ボリロン“ラエル”出版社発行:日本ラエリアン・ムーブメン 発売:無限堂出版年/版1998 初版状態C 帯背ヤケ、小口小. 太陽と月という、大きさも地球からの距離も全く異なる二つの天体が、地球から見てほぼ同じ大きさに見えるのは、エロヒムがそのように配置したからなのです。 太陽だけではなく、月が持つ働きも、地球の生命にとって必要なのです。 女性の生理を始め、生物のバイオリズムに月が大きな影響を与えていることは、よく知られていますが、月を今の形に配置したのは、エロヒムなのです。 太陽と地球との距離は、月と地球との距離の395倍で、太陽の直径は、ちょうど月の直径の395倍となっていますが、これを単なる偶然の産物と片付けてよいものなのでしょうか? これは、何者かによって計算されたかのような数字であり、とても不思議ですが、月が今ある形に配置されているのは、地球の全生命の創造者である、宇宙人エロヒムの意図によるものなのです。. クロード・ボリロン・ラエルが主張するのは、エロヒムという「天空から飛来した人々」、即ち、他の惑星からやって来た異星人の科学者たちによって、私たち人間も含めた地球の全生命が科学的に創造されたというものです。 raelTV ラエルは、1973年12月13日、フランスのクレルモン・フェランという火山の近くで、宇宙船(UFO)に乗った宇宙人・異星人と遭遇しました。 この宇宙人・異星人が、エロヒムという「天空から飛来した人々」の一人であり、そのリーダーでもあるヤーウェでした。 ヤーウェは、イエス・キリストが「天の父」と呼んだ、イエスの実の父親であり、ユダヤ教における唯一絶対神ヤーウェのことでもあります。 聖霊によって身ごもったとされる聖母マリアの処女懐胎とは、実は、宇宙人ヤーウェと地球人マリアとの間で人工授精が宇宙船(UFO)の中で行われたとのことであり、ラエルの説によると、イエス・キリストは、宇宙人ヤーウェと地球人の女性マリアとの間に生まれたハーフだということになります。 ラエルは、エロヒムと遭遇した日から7日間に亘って、毎日宇宙船(UFO)の中でヤーウェから伝えられたメッセージを書き記し、これを本としてまとめた著書『真実を告げる書』は、世界的なベストセラーとなりました。 ラエルに伝えられたエロヒムのメッセージによると、聖書における神(GOD)という言葉は誤訳であり、地球の全生命は、「天空から飛来した人々」である、異性人エロヒムの科学者たちによって、科学的に創造されたものだということです。 旧約聖書『創世記』に書かれている「天地創造」とは、無形の超自然の全能の神によって行われたものではなく、非常に高度な文明を持った、異星人エロヒムの科学者たちの手で、科学的に創造されたものだということです。 地球の全生命の創造者である異星人エロヒムは、世界の主な宗教の源であり、モーゼ・仏陀・イエス・キリスト・マホメットなどの古代の預言者たちというのは、人類を導く為にエロヒムから遣わされたメッセンジャーだとのことです。 ラエルの主張する「エロヒム説」と共に、古代宇宙飛行士説の代表的なものの一つが、ゼカリア・シッチンが主張する「アヌンナキ説」であり、両者の主張には、共通する部分も多くあります。.

‐ 引用 と 「追加解説」 記号 は「重要項目と強調」 第2のメッセージ. クロード・ボリロン・ラエルは傑出した仕事をしており、暇なときにしか本を書いていないことに注意してください。 最初の成功の後、彼は彼の国で人気を得て、彼の自由な時間を彼の好きな仕事に捧げ始めました。. クロード・ボリロン“ラエル"著 ; 日本ラエリアン・ムーブメント監修 (異星人からのメッセージ, part. 「真実を告げる書」はフランス人クロード・ボリロン”ラエル”によって書かれたものです。 彼は1970年代、 若きカーレーサーであり、フランスにてカースポーツ誌の編集長をしていましたが、ある日の朝、突然山へ行きたくなり、車である山へ行ってみる. 単行本 (実用) ≪産業≫ 真実を告げる書/クロード・ボリロン・ラエルならYahoo! 日本ラエリアン・ムーブメント, 無限堂(発売).

ラエルの著書『真実を告げる書』(最新版の邦訳『地球人は科学的に創造された』無限堂)によれば、異星人エロヒムの科学者たちが、地球にやって来て、地球の全生命を科学的に創造していったプロセスは、以下のようなものになります。 ★高度な文明を持つ、異星人エロヒムの科学者たちが、生命創造の実験場として、地球という惑星にやって来た エロヒムの惑星は、今の地球の科学よりも遥かに進んだ、高度な文明を持っており、 かつてエロヒムの惑星においては、高度な遺伝子工学技術によって、実験室で遺伝子(DNA)を合成し、人工生命の創造を行う実験に熱中していたようです。 しかし、科学者たちが奇妙な小動物を創造する段階まで達した時、社会に危害をもたらすような怪物を生み出す恐れがあった為、世論も惑星政府も、科学者たちがそれ以上実験を進めることを禁止してしまいました。 一方、人工生命の創造と並行して、他の惑星や銀河系の探査も進められていきましたので、科学者たちは、彼らの実験を続けるのに必要な条件をほぼ兼ね備えた惑星を探査していきましたが、そこで彼らが発見したのが、地球でした。 エロヒムの惑星では出来なくなってしまった、人工生命を創造する為の実験場として、科学者たちが選んだ惑星が、私たちの星・地球だったのです。 エロヒムの科学者たちは、地球という惑星を発見し、人工生命の創造に必要な要素を全て備えていることを確かめてから、生命創造の実験を開始したのですが、彼らが地球にやって来た時、その当時の地球は、水と濃密な霧にすっぽりと包まれていたようです。. 真実を告げる書 : 異星人からのメッセージ 資料種別: 図書 責任表示: クロード・ボリロン“ラエル"著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本ラエリアン・ムーブメント, 1985. isbn コード:¥1,600. Available at 2 libraries. 4 形態: 288p ; 19cm 著者名: Vorilhon, Claude 書誌ID: BN10568042. ゼカリア・シッチンは、最古の文明とも言われる古代シュメールの文献を解読して、私たち地球人は、古代において、アヌンナキと呼ばれた宇宙人によって創造されたのだと主張しています。 シッチンが著書『神々との遭遇』などの中で書いているのは、惑星ニビルからやって来た、アヌンナキと呼ばれる宇宙人たちによって、人間が創造されたというものです。 ラエルの主張する「エロヒム説」と、シッチンが主張する「アヌンナキ説」では、大きな違いもありますが、共通する部分もかなりあります。 ラエルの主張する「エロヒム説」のベースとなっているのは、旧約聖書を中心とする聖書であるのに対して、シッチンが主張する「アヌンナキ説」のベースになっているのは、古代シュメールの文献であり、旧約聖書もベースの一つとして踏まえられています。 最近の聖書の研究では、旧約聖書はオリジナルなものではなく、古代シュメールの話が元になっているとも言われていますので、共通する部分が多くあるのは、頷ける点ではあります。.

. 真実を告げる書―異星人からのメッセージ (異星人からのメッセージ (Part 1)) クロード・ボリロン・ラエル, Claude Vorilhon Ra¨el 他 | 1998/3/1 5つ星のうち5. 「真実を告げる書:異星人からのメッセージ」 クロード・ボリロン・ラエル 日本ラエリアン・ムーブメント <1973年12月13日、ラエルが初めて異星人エロヒムと遭遇した場所 クレルモン・フェランに近いピュイ・ド・ラソラの噴火口>. 書籍名 真実を告げる書-異星人からのメッセージ 著者名 クロード・ボリロン ラエル(近藤 純夫 訳) 著者紹介 クロード・ボリロン ラエル(フランス) 発行社 日本ラエリアン・ムーブメント(MRJ) 総頁数 292. 真実を告げる書 クロード・ボリロン"ラエル" 著,日本ラエリアン・ムーブメント 監修,Vorilhon, Claude, 1946-,日本ラエリアンムーブメント, Tweet. 世界的なベストセラーとなった『真実を告げる書』などの著書で知られる クロード・ボリロン・ラエルになります。 クロード・ボリロン・ラエルが主張する「エロヒム説」と ゼカリア・シッチンが主張する「アヌンナキ」説というのが.

フランス人ジャーナリストであったクロード・ボリロン・ラエルは、1973年12月13日、フランスのクレルモンフェランという火口付近で、宇宙船(UFO)に乗ってやって来た異星人エロヒムと遭遇しました。 エロヒムとは、「天空から飛来した人々」という意味のヘブライ語であり、聖書において神(GOD)と訳されている原語になります。 つまり、聖書における神(GOD)とは、無形の超自然の全能の存在なのではなく、「天空から飛来した人々」を意味する、エロヒムという異星人たちのことであり、れっきとした複数形になります。 単数形がエロハという言葉だそうです。 ラエルは、異星人エロヒムに遭遇した日から7日間に亘って、毎日、宇宙船(UFO)の中で、地球についての真実のメッセージを伝えられ、それを著書にして発表しました。 それが、世界的ベストセラーになった、『真実を告げる書』というラエルの代表作になります。. Le livre qui dit la verite. エロヒムと名乗る異星人は、7日間に亘って、毎日ラエルを宇宙船(UFO)の中に招き、地球についての真実のメッセージを伝え、それを人々に知らせることをラエルに託しました。 真実が啓示される時代、アポカリプス(黙示録)の時代を迎えて、私たち人類が全てを科学的に理解可能な時代を迎えたので、地球についての真実を伝える為のメッセンジャーとしての使命が、ラエルに託されたのです。. 「真実を告げる書」 著者 クロードボリロン・ラエル (無限堂出版) 1) 本書の著者クロードボリロン“ラエル”は、 日本が太平洋戦争でアメリカに原子爆弾を落とされ降伏した翌年、. クロード・ボリロン〝ラエル″ 著「真実を告げる書」を私なりに、まとめたもの ・ 重要だと思った処を抜粋しました。 第1章 最初の遭遇. See full list on kamusabia. Les extra-terrestres m′ont emmene sur leur planete. ボリロン、恐怖世界初、寅次郎真実一路。大事な真実に伝えなければならないこととも気づく、2日前遠くで眺めると美しい近づくと矛盾 こ記事へトラックバック一覧、重要事項説明書 app!本「真実に告げる書」概要、今日目立った言葉、納付に遅滞し.

エロヒムという宇宙人が地球にやって来たのは、今から約25000年前ですが、その当時の地球は、水と濃密な霧にすっぽりと包まれていたようです。 ★エロヒムは、海の上をすっぽりと包んでいた濃密な霧を科学的に除去して、大空と海とに分けた 「神は言われた。 『水の中に大空あれ。水と水を分けよ。』 神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。神は大空を天と呼ばれた。」(『創世記』第1章・第6~8節) ★海から分けられた大空が、天と呼ばれるようになった 水と濃密な霧にすっぽりと包まれていた地球から、濃密な霧を科学的に除去して、「大空の下の水」(海)と「大空の上の水」(雲)とに分け、地球から大空が見えるようにしたことが語られています。 こうして海から分けられた大空が、天と呼ばれるようになりました。 『創世記』では、エロヒムが太陽や月や星などの天体を創ったような印象を受けてしまいますが、実際には、エロヒムが、海の上を覆っていた濃密な霧を除去して、太陽や月や星などの天体を、地表から見えるようにしたことが語られています。 ★『創世記』における「天地創造」とは、私たち人間にとっての「天地創造」であり、地球から見た天地開闢 『創世記』は、次のような言葉で始まります。 「初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面(おもて)にあり、神の霊が水の面(おもて)を動いていた。」(『創世記』第1章・第1・2節) そこに書かれている天地創造とは、あくまでも、私たち人間にとっての天地創造であり、地球から見た天地開闢なのです。 地球の表面が海洋と濃密な霧に包まれており、天地の切れ目が曖昧で明確でなく、混沌とした状態であり、太陽の光が海面まで到達することが出来ないので、暗闇の状態である場面が『創世記』の始まりとなっています。 「創世記」に書かれている天地創造とは、あくまでも、地球から見た天地開闢なのであり、私たち人間にとっての天地創造なのです。 「無から有」を生み出すような、無数の銀河を持つ「無限」の大宇宙そのものの創造について語っている訳ではありませんので、注意が必要になります。 そして、「神の霊」とは、エロヒムの宇宙船(UFO)のことであり、エロヒムの宇宙船(UFO)が、海上を動いている場面から、『創世記』の「天地創造」はスタートしているのです。 ★エロ. "Le Miel et la Cannelle" クロード・ボリロン・ラエル作 "蜂蜜とシナモン(EN: Honey and Cinnamon) (FR: Le Miel et al Cannelle)" (1967) 、クロード・ボリロン・ラエル作 クロード・ボリロンがエロヒムの惑星で見た生物的女性モデルの 順番 はかれの歌に出てきた順番と同じである. ★エロヒムは、水と濃密な霧ですっぽりと覆われていた地球から、原初の一つの巨大な大陸を創造した エロヒムは、水と濃密な霧ですっぽりと覆われていた地球から、原初の一つの巨大な大陸を創造しました。 海底で強力な爆発を起こして海水を一箇所に集め、乾いた大地(大陸)が表れるようにしたのです。 また、ブルドーザーに似た働きをする強力な爆発を起こして、海底の物質を盛り上げて一箇所に積み重ね、大陸を形成するようにしました。 今ある大陸は、元々一つの巨大な大陸だったのです。 ★エロヒムは、高度な遺伝子工学により、全くの化学物質だけから植物の細胞を創造した エロヒムは、高度な遺伝子工学により、全くの化学物質だけから植物の細胞を創造しました。 これから、あらゆる植物が得られたのです。 そして、エロヒムの科学者たちは、大陸のあちこちに散らばって行き、様々な植物を創造しました。 ★植物の次に、エロヒムの科学者たちは、動物を創造した 大陸のあちこちに散らばって行って、様々な植物を創造した後に、エロヒムの科学者たちが行ったのは、原始的な水棲生物を創造することでした。 プランクトンから小さな小魚へ、そして、さらに大きな魚へと・・・。 小魚が食べる藻類や、小魚を食べるもっと大きな魚なども創造されました。 エロヒムの科学者たちが、魚の次に創造したのが、鳥です。 海で泳ぐ魚と、空を飛ぶ鳥の次に、科学者たちは、大陸の動物を創造しました。 大地は植物が繁茂していたので、植物を餌とする草食動物が最初に創造され、その次には、草食動物の数のバランスをとる為に、肉食動物が創造されました。 ★エロヒムの科学者と芸術家が協力して、様々な動物や植物を、洗練を加えながら創造していった エロヒムの科学者たちが地球での生命創造の実験を開始すると、エロヒムの惑星の超一流の芸術家たちも実験に参加するようになりました。 そして、様々に美しく香り高い花々や植物、様々に美しい動物、様々に面白い動物などを、科学者と芸術家たちが協力して、洗練を加えながら創造していきました。 エロヒムの科学者チームはいくつかあり、しばしば会合を開いたりして、最も美しい動物、あるいは、最も興味深い動物を創造した科学者チームを決める為、コンクールを計画したりしました。 そして遂に、エロヒムの科学者チームで最も有能な人々は、彼らと同じ知的生命体、即ち人間を、. エロヒムの科学者チームの中で最も有能な人々は、彼らと同じような人間を、科学的に創造しようとしました。 科学者たちの生命創造実験に対する知的探究心は、遂に、彼らに似せた知的生命体を創造しようとするところまできたのです。 「神は言われた。 『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。』 神は御自分にかたどって人を創造された。 神にかたどって創造された。 男と女に創造された。」(『創世記』第1章・第26・27節) 人類最初の人間であるアダムとイブは、実験室の中で科学的に創造された「試験管ベビー」でした。. 真実を告げる書 - 異星人からのメッセージ - ラエル - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. BOOKOFF Online ヤフー店の真実を告げる書 異星人からのメッセージpt.1/クロード・ボリロン・ラエル(著者),日本ラエリアンムーブメント(その他):ならYahoo!

古代宇宙飛行士説とは、人類史上の古代または超古代に宇宙人が地球に飛来し、人間を創造し、超古代文明を授けたとする説であり、別名を「太古宇宙飛行士来訪説」、「宇宙人考古学」、「宇宙考古学」とも言います。 この範疇でキリスト宇宙人説も唱えられています。 また、オーパーツと関連付けて説明されることが多いのも特徴です。 古代核戦争説と関連付けて唱えられることもあります。 古代核戦争説とは、有史以前の地球に私たちの知らない超古代文明が栄えていたが、核戦争により滅亡したとする説、または、四大文明および同時代の文明が核戦争によって滅亡したとする説を言います。 古代宇宙飛行士説の初期の提唱者としては、空飛ぶ円盤研究団体である宇宙友好協会(CBA)の招きで1961年に来日したジョージ・ハント・ウィリアムスンなどがいますが、ブームの火付け役となったのが、スイスの実業家エーリッヒ・フォン・デニケンです。. 』 (ラエル) (無限堂)(日本ラエリアン・ムーブメント)/10/7 「本書は私達が未来に向かって前進をするための手引書」 <(クロード・ボリロン・ラエル)> ・1946年フランス生まれ。当時カーレーサーであった彼は、1973年12月13日、異星人「エロヒム」に遭遇した後. 電話fax:. 【中古】 真実を告げる書 異星人からのメッセージpt.1/クロード・ボリロン・ラエル(著者),日本ラエリアンムーブメント(その他) 【中古】afb.

. 9 ※聖書から引用しました※ ・. More 真実を告げる書 - クロード・ボリロン・ラエル videos. 1) 日本ラエリアン・ムーブメント, 無限堂(発売), 1998.

宇宙人からのメッセ-ジ - 真実を告げる書 - クロ-ド・ヴォリロン - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 2,000 年 1 月 1 日 5 刷発行、著者・・クロード・ボリロン〝ラエル″ 発売・・ (有) 無限堂〒東京都新宿区西新宿3-5-12. 真実を告げる書: 著作者等: Vorilhon, Claude 日本ラエリアンムーブメント RAEL Ra¨el Claude Vorilhon Ra¨el クロード・ボリロン・ラエル 日本ラエリアン・ムーブメント ラエル: 書名ヨミ: シンジツ オ ツゲル ショ: 書名別名: Le livre qui dit la vérité. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 真実を告げる書 異星人からのメッセージpt.1 作者 クロード・ボリロン・ラエル 販売会社 日本ラエリアンムーブメン/無限堂 発売年月日 1998/03/ご入札する. クロード・ボリロン“ラエル"著 ; 日本ラエリアン・ムーブメント監修. “真実を告げる書 (弥勒菩薩ラエル著)”によるとヘブライ語聖書原典のエロヒム(elohim)という名詞は現在の聖書で“神”と誤訳されているがエロヒムとは古代ヘブライ語で”天空より飛来した人々”の意味をもち、れっきとした複数形であり、アダムと. 古代宇宙飛行士説というものがあり、人類史上の古代または超古代に宇宙人が地球に飛来し、人間を創造し、超古代文明を授けたという科学の一説であり、別名を「太古宇宙飛行士来訪説」、「宇宙人考古学」、「宇宙考古学」とも言います。 古代宇宙飛行士説の代表的なものとしては、今回ご紹介する、クロード・ボリロン・ラエルによるエロヒム説と、ゼカリア・シッチンによる惑星ニビルから来た宇宙人アヌンナキ説があります。 『古代宇宙飛行士説の一つシッチン説では惑星ニビルから来た宇宙人アヌンナキが人類を創造』、こちらの記事の中でも書きましたが、シッチン説とラエル説には、共通する部分もありますが、大きく異なる点もあります。 ラエルの主張する説の方が、科学的に理解しやすく、より本質的な情報であると思います。 今回は、クロード・ボリロン・ラエルが主張する、エロヒムという「天空から飛来した人々」によって、地球の全生命が創造されたという説をご紹介致します。. ラエルに伝えられたエロヒムのメッセージによれば、地球の全生命は、異星人エロヒムの科学者たちが科学的に創造したものであり、エロヒムは世界の主な宗教の源になっているということです。 つまり、聖書における神(GOD)とは、無形で超自然の全能の存在などではなく、「天空から飛来した人々」である異星人エロヒムの科学者たちのことなのです。 聖書における神(GOD)という言葉は、史上最大の誤訳であり、聖書は世界最古の無神論の書と言っても良いかも知れません。 旧約聖書『創世記』に書かれている「天地創造」とは、無形の超自然の全能の神によって全宇宙が創造されたというような大げさなものではなく、「天空から飛来した人々」を意味する異星人エロヒムの科学者たちの手で、地球の全生命が科学的に創造されたことが書かれています。 聖書とは、地球の全生命の創造者である、異星人エロヒムによる地球プロジェクトの記録とでも呼ぶべきものなのです。 それでは、「天空から飛来した人々」であるエロヒムという異星人の科学者たちによって、どのようにして地球の全生命が創造されたのでしょうか?.

人類最初の人間であるアダムとイブは、エロヒムの高度な遺伝子工学によって、実験室の中で人工的に創造された「試験管ベビー」だったのです。 ですから、私たち人間はサルから進化した訳ではなく、サルを改良して創造されたようです。 エロヒムの科学者たちは、エロヒムの遺伝子(DNA)を組み込んだ遺伝子組み換え技術により、サルを改良して人間を創造することに成功したようです。 進化論は誤りであり、私たち人間はサルから進化した訳ではなく、初めから創造者であるエロヒムに似せた知的生命体、即ち人間として創造されたのです。. 本の名は 『真実を告げる書』 著者はクロード・ボリロン”ラエル” サブタイトルが 〔 異星人からのメッセージ 〕。 記述内容に登場の《訪問者》は、旧約聖書の ヘブライ語原典 に記されている、地球に、. スイスの実業家であったエーリッヒ・フォン・デニケンの著書『未来の記憶』が、1970年代に世界的ベストセラーとなり、一大宇宙超古代史ブームを引き起こしましたが、これにより、古代宇宙飛行士説が広まることになりました。 特に、『未来の記憶』の中で、旧約聖書の『エゼキエル書』が預言者エゼキエルが宇宙人来訪の様子を描写しているとして話題になりました。 その他、ナスカの地上絵も宇宙人に関連するものであるという説が有名です。 その後、『星への帰還』、『太古の宇宙人-太古に地球を訪れた宇宙人』、『奇跡』などの著作が日本においても邦訳され、話題となりましたが、その主な内容は以下のようなものとなります。 *巨大な考古学遺跡やオーパーツは、宇宙人の技術で作られた。 *宇宙人は、類人猿から人類を創った。 *世界各地に残る神話の神々は、宇宙人を神格化したもの。 エーリッヒ・フォン・デニケンの著書は、日本における「精神世界」というジャンル創設の草分け的存在となるとともに、1970年代のオカルトブームの一躍を担うことにもなったようです。 確かに、旧約聖書の『エゼキエル書』には、預言者エゼキエルが宇宙人来訪の様子を描写していると思われる場面がありますので、『エゼキエル書』の最初の「エゼキエルの召命」の中から、一部をご紹介したいと思います。. 真実を告げる書 - クロード・ボリロン・ラエル クロード・ボリロン“ラエル” 著、日本ラエリアン・ムーブメント(JRM) 監修「真実を告げる書」(日本ラエリアン・ムーブメント;無限堂〔発売〕、年1月1日 5刷)より まえがき 本書の著者クロード・ボリロン“ラエル”は、1946年9月30日、フランスの. 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 真実を告げる書 異星人からのメッセージpart 1 改訂版 / クロード・ボリロン・ラエル, 日本ラエリアンムーブメント / 日本ラ 単行本【メール便送料無料】【あす楽対応】. 今回は「真実を告げる書」を参考に書いていきます。 「真実を告げる書」は、聖書の中で書かれている創造主が、フランス人のクロード・ボリロン・ラエル氏に会って伝えたことをまとめたものです。 つまり遥か昔から伝えられてきた創造主から地球人への現代版のメッセージなのです。 これ.

真実を告げる書 - クロード・ボリロン・ラエル

email: anubyled@gmail.com - phone:(269) 781-7247 x 2948

サイコエデュケーションの理論と実際 - 宮崎圭子 - 分化の生理学 新生理科学大系

-> もう卵は殺さない - 香魚子
-> わかりやすい生化学 - 阿左美章治

真実を告げる書 - クロード・ボリロン・ラエル - 木村由香 はじめてのハワイ語


Sitemap 1

翻訳というおしごと アルク はたらく×英語 - 実川元子 - 日本語を教えよう